会社概要

ご挨拶

 私たちは、グリーン且つクリーンな技術を用いてイノベーションを誘発し、社会に貢献する製品をつくりだしてまいります。
 イノベーションの歴史をたどると、新しい材料の登場が背景にあることはしばしばです。青色発光LEDでは窒化ガリウム、コンピューターではシリコン、超高燃費航空機ではカーボン。 新しい材料の事業化に成功した企業は高収益企業となり、業界のリーディングカンパニーになってきました。日本の大学は新しい材料を作ることを得意にしており、本当に多くの分野で世界最高の結果を出しています。しかしながら、その産業化のタイミングで、海外企業との競争に負けてしまう事例が頻発しています。FLOSFIAでは、大学が生み出した新規材料の応用開発に取り組み、誰よりも早く事業化することにチャレンジしています。
 もっとも力を入れているのが「水」から「半導体」を作るイノベーションです。ミストドライ®法で作製したGaO™(コランダム構造酸化ガリウム、α-Ga2O3)のパワーデバイス応用により、電源・車載・動力領域でのイノベーションの実現に貢献します。従来、ミストドライ®法で作製した膜は半導体分野には応用が困難と考えられてきましたが、これまでに結晶の高品質化(不純物濃度の低減)や大口径化(4インチ化)、デバイス実証試作(600V以上の耐圧を有する超低オン抵抗SBD試作)に成功してまいりました。これらを実現するために、半導体に適したミストドライ®法を開発し、この新規ミストドライ®法をMISTEPITAXY®法と名付けました。
 他企業様・大学様との連携を通じ、さらに幅広い領域でのイノベーションにも貢献します。GaO™デバイスを用いた高周波領域、各種酸化物材料を用いた光デバイス領域でのイノベーションにも貢献します。 ミストドライ®法の新規応用展開では、金属酸化物のみならず金属めっき・有機膜の成膜やこれらの材料を組み合わせたハイブリッド材料合成を通じ、電子材料・電池材料・コーティング・加飾・めっきなどへの展開を目指します。

 

株式会社FLOSFIA
代表取締役社長 人羅俊実代表取締役社長 人羅俊実

役員紹介

人羅  俊実  代表取締役CEO
創業者。京都大学工学部卒業。半導体領域のシリアルアントレプレナーで、研究開発・製造品質管理・営業・マーケティング・財務経理・契約など幅広い業務を自身で経験。

四戸   孝   取締役CTO
パワーデバイスエキスパート。大手半導体メーカーでIGBTやSiC開発に取組み、初期研究から事業化まで経験。新規半導体材料の国際標準化の取組みでは日本代表も歴任。

間嶋 千波  取締役(管理担当)
管理部門のエキスパート。上場企業の経営企画部門で、IR・商事法務・予算管理を経験。FLOSFIAでは財務経理・人事・総務・広報など幅広い実務を経験し、シリーズB以降の資本・業務提携に貢献。

黒川 尚徳     社外取締役
UTECパートナー。物理・化学関連分野のベンチャー投資に強み。国内大学関連ベンチャー企業及び海外案件も幅広く手掛ける。博士(工学)。MBA取得。

山口 哲史  社外取締役
みやこキャピタル代表取締役パートナー。25年以上に渡り、一貫してベンチャー企業・中小企業の経営・投資事業に携わる。㈱ジャフコ(旧 日本合同ファイナンス㈱)において、日本及び米国で投資担当者から投資部長、投資本部長等を歴任。

西田 一之  監査役
複数社の管理部長を歴任。システム、管理、財務経理と幅広い管理実務経験を有する。

辻 秀樹   社外監査役
UTECジェネラルパートナー。エネルギー関連分野のベンチャー投資に強み。通商産業省・資源エネルギー庁を経て、スタートアップにCOOとして参画し、大企業によるM&Aを実現。

森   立夫   社外監査役
複数社の管理部門長、執行役員、取締役、監査役等を務め、2社にてIPOに貢献。j-SOX構築等にも経験を有する。

会社概要

名称株式会社FLOSFIA(フロスフィア)
英語名称FLOSFIA INC.
代表者代表取締役社長 人羅 俊実
設立2011年3月31日
所在地京都府京都市西京区御陵大原1番36号 京大桂ベンチャープラザ北館
TEL/FAX075-963-5202 / 075-320-1712
共同研究京都大学・藤田静雄教授
資本金等2,258,569,700円(資本準備金等含む)(2018年1月4日現在)

役員

代表取締役社長     人羅 俊実
取締役 CTO      四戸 孝
取締役 管理担当    間嶋 千波
取締役(社外)     黒川 尚徳
取締役(社外)     山口 哲史
監査役         西田 一之
監査役(社外)     辻  秀樹
監査役(社外)     森  立夫

沿革

2010年11月IBTEC入賞(Intel+UC Berkeley Technology Entrepreneurship Challenge)
2011年3月会社設立(ROCA株式会社)
2012年6月代表取締役に人羅俊実就任。事業ドメインを半導体領域に変更
2013年4月経済産業省「新産業創出のための目利き・支援人材育成事業」採択
池田泉州銀行「第9回コンソーシアム研究開発助成金」採択
京大桂ベンチャープラザに本店移転
2013年5月中小企業庁「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」採択
2013年9月京都市ベンチャー企業目利き委員会Aランク企業認定
2013年11月研究開発拠点を本店(京大桂ベンチャープラザ)に集約
2014年2月公益財団法人新技術開発財団 補助金採択
2014年6月近畿経済産業局「平成26年度戦略的基盤技術高度化支援事業」採択
2014年7月商号を「ROCA株式会社」から「株式会社FLOSFIA」に変更
2015年3月NEDO 平成26年度「エネルギー・環境新技術先導プログラム」採択
2015年10月第三者割当増資により3億1,000万円を調達
2015年12月第三者割当増資により5,000万円を調達
2016年6月NEDO 平成28年度「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」採択
2017年1月NEDO 平成28年度「エネルギー・環境新技術先導プログラム」採択
2017年3月第三者割当増資により7億5,000万円を調達
一般財団法人電子情報技術産業協会(JEITA)主催「第2回ベンチャー賞」受賞
2017年4月第三者割当増資により1億円を調達
三菱東京UFJ銀行主催「第4回Rise Up Festa」にて「ロボット・先端技術部門 優秀賞」受賞
2017年8月科学技術振興機構(JST)・新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)主催
「大学発ベンチャー表彰2017」にて「新エネルギー・作業技術総合開発機構理事長賞」受賞
2017年12月第三者割当増資により8億円を調達

アクセス

電車の場合

阪急電鉄京都線桂駅から
「桂駅西口」からバス利用で約15分→「桂イノベーションパーク前」にて下車
→バス停から徒歩1分(坂を下る)
京都市バス(西6系統:京大・桂キャンパス 桂坂中央行き)
京阪京都交通(20系統:桂坂中央行き)

JR桂川駅から
「JR桂川駅前」からバス利用で約20分→「桂イノベーションパーク前」にて下車
→バス停から徒歩1分(坂を下る)
ヤサカバス(6号系統:京大・桂キャンパス 桂坂中央行き)

JR京都駅から
「京都駅前」からバス利用で約35分→「桂イノベーションパーク前」にて下車
→バス停から徒歩1分(坂を下る) 京阪京都交通(21・21B系統:京大桂経由桂坂中央行き)

お車の場合

京都市内から車で約40分
国道1号線(五条通)から国道9号線を西へ
「千代原口」交差点よりさらに800m西へ
「三ノ宮」交差点から一つ目の信号を右折、桂御陵坂を上る

高速道路ICから車で約10分
・京都縦貫道の名神高速方面から「大原野IC」下りて北東へ約5km
(名神高速方面からの移動の場合、「沓掛IC」では降りられませんのでご注意ください)
・京都縦貫道の福知山方面から「沓掛IC」下りて東へ約4Km


お問い合わせはこちら

一度、お話をお聞かせください。
事業化加速をトータルにお手伝いいたします。
お問い合わせ